保険の比較も可能

さて、生命保険の見直しにはファイナンシャルプランナー(FP)が在籍している無料保険相談に出向いてみましょう。お住まいの近くに相談できる場所がなければ、インターネットなどでよく見かける保険の相談サイトを利用してみましょう。こちらから問い合わせをすれば、メールでお返事が来ますし、会いやすい場所や時間帯を聞かれて、自宅のそばまで会いにきてくれるサービスもありますので利用してみるといいでしょう。

毎月支払う生命保険の掛け金が家族全員で3万円を超えているのであれば相談することでもっともコストパフォーマンスのいい保障内容に変更することも可能でしょう。

FP街中にある生命保険の窓口には、FPも在籍している店舗が数多くありますし、保険会社で働いている人たちも資格を所持していることがありますので、じっくりと相談しましょう。

このように生命保険はライフスタイルの変化で見直すことが可能な時代です。まずは、どのようなプランに変更したいのか考えてみてみましょう。そして今現在、自分が加入している保険についての資料は必ず持参すると話もスムーズにできますし、無駄な時間を過ごさないですみます。さまざまな保険会社の保険商品を比較検討することができますし、ファイナンシャルプランナーは公平に判断してくれますので、自分たちにぴったりな生命保険を導き出してくれるでしょう。

FPに相談しよう

生命保険への加入は、医療費などもプラスされていることが多く、まずはその点で無断な支払いがないかをFPに相談してみましょう。会社員であれば健康保険に加入するなど社会保険料でまかなえる医療費があるのをご存知ですか。加入期間にもよりますが、高額医療費制度がありますので、先に病院で医療費を支払いますが、たとえば、10万円以上などの高額負担部分を保障してくれる制度です。かなりの医療費が手元に戻ることにもなりますし、病気の内容によっては難病指定のものなど、ほとんどをカバーしてもらうことが可能です。

そのような制度があるのに、生命保険や特約と言われる医療保険に対して、保険料の掛け金を支払い続けてしまうことは大きな無駄だと言えるでしょう。

家計簿FPは、このような点にも気づいてくれます。保障内容を吟味することで、保険料を大幅にカットすることを提案するでしょう。また保険会社を問わずに、保険商品を比較することができるのも特徴でしょう。

無駄である生命保険に対しては、家計簿を確認してもらいながら、見直すチャンスを見出してくれるファイナンシャルプランナーは、心強い仕事であると言えるでしょう。

しかし、20年くらい前に加入した生命保険であれば、そのままの形で手物に置いておく方がいいでしょう。昔の方が掛け金が平均的でも保障内容を素晴らしくよかった時代ですので無理に崩してしまう必要はありません。

生命保険は見直しできる

家族が増えたりすることで、保障の意味を込めて生命保険に加入しておこうと思う方も多いはずです。もしも自分に何かあった場合に残された家族が衣食住に困ることなく過ごしてもらうために、毎月、高額の保険料を支払い続けていませんか。

昔でしたら、保険料が高額でも、生命保険で受け取れる額が非常に高くて立派な保障額でした。しかし、景気も悪くなり、銀行に預けている預金ですらまともな金利がつかない世の中です。生命保険も同様のことが起きていて、保障額に高額を求めるのならば、保険料もかなりの額を支払う必要があるのが現状です。

ファイナンシャルプランナーライフスタイルの変化により、生命保険や医療保険など次から次へと加入するものばかりが増えてしまう昨今ですが、結婚をして子供ができる生活環境になるとどうしても保障内容をしっかりとしたものにしたいはずです。

しかし、給料の伸び悩みや物価上昇によって生活にもゆとりを持てなくなってしまい、このまま保険料を払わなくてはいけないのか、保険そのものを解約しなければいけないのかと悩む前に保険料の見直しを考えては如何でしょうか。

一度加入したものを変更することなんてできないと考えている方が多いようですが、現在は保険会社から色々なプランが出ていることから、簡単に保険料を変更することも可能です。

FPと呼ばれているファイナンシャルプランナーの仕事は、お金の使い方について無駄なものがないか、見直すための仕事です。総収入に対して、生命保険への保険料が高いことなどに気づいてくれます。せっかくの機会に徹底的に見直してもらうために相談することをおすすめします。